新宿美容外科できれいになる

きれいになりたいと思う女性なら新宿美容外科って何をするんだろう…と一度は考えたことはあるはず。今回は、綺麗になりたいあなたのお手伝いをしてくれる新宿美容外科で行われる具体的な施術内容を3つご紹介したいと思います。

目元の施術について

目の形を整えつつ大きく見せたいという人に目頭切開という施術があります。メスを入れて切開するので表面からほとんど見えないほどですが少し傷ができます。腫れはそれほどないですが、人によっては内出血する人もいますので、覚悟してから受けましょう。
二重にしたいという人には埋没法施術があります。こちらは糸でまぶたを止める方法なので、永久に二重というわけではなく、二重のラインが薄くなってしまったり、消失することもあります。施術後に抜糸することも可能ですが、二重の跡がのこることもあります。

また左右の目の大きさが不揃いの場合、小さいほうの片目を施術することによって大きさをそろえることもできます。新宿美容外科でのシュミレーションで、術後の仕上がりを確認しましょう。

鼻の施術について

美容外科で鼻を高くしたいという人にはヒアルロン酸の注入やプロテーゼを入れる方法があります。
ヒアルロン酸は一時的なもので、一般的には3か月から半年間持ちます。
プロテーゼとは、鼻やあご等の形成したい箇所に挿入する手術材料のことです。これは変形、変質したりすることがなく、受診した人の希望に合わせて加工し、それを入れることによって鼻のラインをきれいに高く見せます。プロテーゼはブラックライトで光るという噂があるようですが、骨膜の下に入れる場合にそういうことはありません。
成長、老化等人間の体の変化に対してプロテーゼは変化がありませんから、長期的にはバランスがおかしくなったり、皮膚が薄くなってきたりする場合もあるようなので、手術で取り除くことも可能ですがよく考えてから入れましょう。料金は30万から40万が相場です。

顎、輪郭の施術について

美容外科では顎を直接小さくするには骨を削る方法しかないようですが、顔立ちによっては他の部位をいじることによって顎のラインがすっきりして見えたり、顔が小さく見えたりすることもあります。下顎骨切り術、エラ削りなど、骨を削る手術は一番腫れやすい手術なので、術後、通常通りの生活が送れるようになるまでの期間をダウンタイムといい、そのダウンタイムは2、3週間と長めに考えておくのが良いでしょう。
手術の内容や施術した箇所にもよりますが、目立った腫れが引くまでの時間は約1週間ほどで、周囲からみて自然な状態の顎になるまでには約1ヶ月間はかかると見た方が良いです。
また骨を削るのには抵抗があるという人はヒアルロン酸を顎に注入する方法もあります。顎が突き出してシャープに見えるため、顔全体が引き締まって見える効果があります。

通院時に必要なアフターケア等の費用は掛かりませんのでご安心下さい。 プチ整形でも当院は一切妥協せず仕上がりにより一層こだわっております。 当院での施術の流れはHPにて細かく紹介させて頂いておりますので是非ご覧下さい。 当院で施術をされた方々の各部分で症例写真を掲載しております。 お支払い方法も現金やカードなどお客様のご都合に合わせた形で対応していきます。 新宿の美容外科で美しさを求めよう